20世紀以後の主要な生産地は栃木県南部であり、日本の干瓢生産の8割以上を占めている。

かんぴょう(干瓢、乾瓢、)とは、ウリ科ユウガオの果実(ふくべとよばれる)をひも状に剥いて乾燥させた食品

気温の低い、日の出前の早朝に作業を行うことが一般的であり。
ユウガオの実を、縦の軸に刺し、回転させて、横から皮むき器を当て、まず硬い外皮を取り去り。次に、ぶれの出ないように、柄を半固定したかんなの様な刃物を当てて、桂剥きのように帯状に長く剥き。それを
竹竿に掛けて、室内で乾燥させてから、包装します。

  • 徳用かんぴょう
  • 徳用かんぴょう
  • 徳用かんぴょう

徳用かんぴょう

32120

756円(税込)

定価 648円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

一緒に購入されている商品

営業日カレンダー

2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

赤:日曜祝日、弊社休日により発送手続きができません。

ピンク:弊社都合により発送手続きができません。

月曜日から金曜日の平日発送になります、ご了承ください。

ただし、ご注文は日曜祝日等も受け付けております。

ホーム
カート
トップ